アレルギー科について

アレルギー性皮膚炎

アレルギーによる皮膚トラブルは、蕁麻疹、接触皮膚炎、アトピー性皮膚炎が3大症状と言われています。しかし、アレルゲン(抗原)は、動植物、食品、化粧品、金属、化学薬品、薬など、さまざまなものが考えられるため、原因が特定出来ない場合も少なくありません。


アレルギー性皮膚炎の原因

食べたり呼吸したり、肌のバリア機能が弱るなどして、体内にアレルゲンが入ることによって、アレルギー症状が起こります。アレルギー症状は、アレルゲンの数だけあると言ってもよく、その起こり方もさまざまです。


アレルギー性皮膚炎の対処法

アレルゲンを体内に入れない、触れない

「蕁麻疹(じんましん)」ならば、魚、肉、卵などをはじめとした飲食物、抗生物質や解熱鎮痛剤などの薬剤、植物や昆虫などがアレルゲンになる可能性があります。また、「接触皮膚炎」ならば、ウルシやギンナンなどの植物、化粧品、クロムやニッケルなどの金属、洗剤、薬剤などがアレルゲンの代表です。したがって、これらのアレルゲンを体内に入れない、触れないことが何よりも重要です。

原因物質がはっきりしないことも多いので、アレルギーを起こす可能性がある食べ物は出来るだけ避けます。また、化粧品などは、上腕など皮膚のやわらかい部分でパッチテストをして、アレルギーを起こさないか確認してから使うほうが安心でしょう。

十分な保湿を心がける

皮膚には、バリア機能と呼ばれる体の内部を守る機能があります。この機能によって、皮膚の乾燥を抑え、同時に体外からの異物の侵入を防いでいます。このバリア機能が低下すると、皮膚が乾燥し、外界からの刺激を受けやすくなってしまいます。このバリア機能を高めるために重要なのは、肌の保湿です。入浴後、水仕事の後などは、ローションやクリームなどを使って、十分な保湿を心がけましょう。


生活習慣を見直す

アレルギーの原因として、さまざまなことが挙げられていますが、元来は体の防御反応であり、そのはたらきを正常に戻すことが重要とされます。十分な睡眠と規則正しい生活、適度な運動などでストレスを解消するように心がけましょう。
かゆみがひどく、日常生活に支障が出るときには早めに医療機関を受診しましょう

薬疹

薬疹とは薬剤により誘導される皮膚粘膜病変です。診断に重要なのは薬剤の接取歴と皮膚症状の出現時期の関係です。患者さんは、いつから何の薬剤を接取し、いつ皮膚症状が出現したのかを正確に医師に伝えるようにしましょう。薬剤以外の健康食品やサプリメントなどが原因になっている場合もあります。また、ウイルスが関与している場合もあります。原因検索では、薬剤リンパ球刺激試験(血液検査)やパッチテスト、スクラッチパッチテストなどを行います。ただし、アナフィラキシー型に関しては当院では検査せず、専門病院への紹介となります。被疑薬剤の種類が多いと薬剤アレルギー検査期間は半年や1年以上かかったりする場合もあります。また、アナフィラキシー型では入院して検査する場合もあります。なお、重症薬疹(Stevens-Johnson症候群、中毒性表皮壊死症、薬剤性過敏症症候群など)と判断した場合は、生命にもかかわるので速やかに大学病院などの専門病院へ紹介します。

薬剤接取歴を把握するのに、お薬手帳が役に立ちます。また、実際に接取した薬剤、健康食品、サプリなどが
  アレルギー検査に必要になる場合もあります。残っていたら診察時に持参しましょう。



クリニック概要

コスモス皮膚科

〒270-1350 千葉県印西市中央北2-1-3 サンクタス1F

電話番号:0476-47-0011

アクセス:北総線「千葉ニュータウン中央駅」徒歩1分

診療時間
10:30~13:00
(一般診療予約)
15:00~16:00
(完全予約)
15:00~18:00
(完全予約)
16:00~19:00
(一般診療予約)

通常の診療は一般診療予約枠内での診療となります。
※ 一般診療予約は、当日の朝7時からオンラインにて行っています。
※ 直接来院の受付は一般診察時間終了の15分前までです。
完全予約枠には外部からは予約をとることができません。
  診察後に医師が手術、美容治療、各種検査のために予約を入れる枠です。

休診日:火曜第1,3,5週、日曜第2,4週、木曜午前、祝日



料金表

求人情報