多汗症とは

体温調整に必要な量を超えて発汗があり、日常生活や職業に障害を生じている状態を多汗症といいます。多汗症はエクリン汗腺の機能亢進により発汗量の多くなる状態で、中枢神経、脊髄神経、末梢神経、皮膚局所などに原因があり発症します。
多汗症は患者さんにとって、周囲の人が想像する以上に大きな苦痛になっています。手掌多汗症の患者さんは触れるものが汗で濡れて変質しやすく、持ったものが滑りやすくなり、社会生活や職業に大きな障害となっています。掌蹠多汗症の患者さんは劣等感を感じて、精神的に悪影響を与えている場合もあります。 アレルギーによる皮膚トラブルは、蕁麻疹、接触皮膚炎、アトピー性皮膚炎が3大症状と言われています。しかし、アレルゲン(抗原)は、動植物、食品、化粧品、金属、化学薬品、薬など、さまざまなものが考えられるため、原因が特定出来ない場合も少なくありません。


多汗症の分類

多汗症には全身皮膚の発汗が増加する全身性多汗症と体の一部分の発汗が増加する局所性多汗所があります。
全身性多汗症の原因として内分泌疾患(甲状腺機能亢進症、先天巨大症、褐色細胞腫、更年期障害など)、代謝性疾患(糖尿病、肥満症、インスリノーマなど)、感染症(結核、細菌性心内膜炎、肝膿瘍、胆管炎、腎盂腎炎、敗血症など)、循環器疾患(うっ血性心不全、起立性低血圧など)、悪性腫瘍(Hodgkin病などの悪性リンパ腫、その他の悪性腫瘍など)、膠原病(SLEなど)、神経疾患、薬剤性などがあり、原因疾患の治療によりコントロールできる場合もあります。
局所性多汗症は、手掌、足底、腋窩に好発します。掌蹠、腋窩以外の局所性多汗症は神経疾患が原因になっていることがあります。この場合は、多汗部位が左右非対称になっていることが多いです。一般的にみられる腋窩多汗症、掌蹠多汗症は左右対称性になっていることが多いです。

掌蹠多汗症の治療の流れ図

掌蹠多汗症の治療の流れ図

注)当院で行える治療は塩化アルミニウム液外用、抗コリン薬内服、水道水イオントフォレーシスです。胸腔鏡下交感神経遮断術は行っていません。ボツリヌス毒素A皮内注射は今のところ行っていません。
水道水イオントフォレーシスの詳細に関しましては、下記をご参照ください。
水道水イオントフォレーシスのページはこちら

原発性腋窩多汗症

原発性腋窩多汗症は汗の量が多くなる原因となる病気や障害がないのにもかかわらず、多量のわき汗によって悩まされる疾患です。シャツに汗染みができるなど、日常生活に支障をきたすほど多量の腋窩の汗が明らかな原因がないまま6ヵ月以上みられ、以下の6症状のうち2項目以上あてはまる場合を「原発性腋窩多汗症」と診断しています。

〈原発性腋窩多汗症の診断基準〉
  • 最初に症状がでるのが25歳以下であること
  • 左右両方で同じように発汗がみられること
  • 睡眠中は発汗が止まっていること
  • 1週間に1回以上多汗の症状がでること
  • 家族にも同じ疾患の患者さんがいること
  • わき汗によって日常生活に支障をきたすこと

〈原発性腋窩多汗症の重症度評価〉

①発汗は全く気にならず、日常性に支障がない
②発汗は我慢できるが、日常生活に時々支障がある
③発汗はほとんど我慢できず、日常生活に頻繁に支障がある
④発汗は我慢できず、日常生活に常に支障がある

③~④が重症とされています

原発性腋窩多汗症の主な治療法

塗薬

塩化アルミニウム液外用、エクロック®ゲル

注射薬

ボツリヌスA毒素皮内注射

手術

神経遮断術

内服薬

抗コリン薬



クリニック概要

コスモス皮膚科

〒270-1350 千葉県印西市中央北2-1-3 サンクタス1F

電話番号:0476-47-0011

アクセス:北総線「千葉ニュータウン中央駅」徒歩1分

診療時間
10:30~13:00
(一般診療予約)
15:00~16:00
(完全予約)
15:00~18:00
(完全予約)
16:00~19:00
(一般診療予約)

通常の診療は一般診療予約枠内での診療となります。
※ 一般診療予約は、当日の朝7時からオンラインにて行っています。
※ 直接来院の受付は一般診察時間終了の15分前までです。
完全予約枠には外部からは予約をとることができません。
  診察後に医師が手術、美容治療、各種検査のために予約を入れる枠です。

休診日:火曜日第2,4週、日曜日隔週。木曜日午前、祝日、学会参加日等
※Google検索の際に表示されます定休日に誤りがありますのでご注意下さい。
お手数ですが、コスモス皮膚科一般診療カレンダーでご確認下さい。
火曜日は第1,3,5週で診察を行っています。

コスモス皮膚科 診療カレンダー



料金表

求人情報
正看護師
受付事務・クラーク